2020年07月28日

韓国はチャングムの時代から進歩していない。

韓国のソウルをはじめ、各地で水道水からユスリカの幼虫が発見された!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

ユスリカとは、蚊によく似ている昆虫でハエ目ユスリカ科に属しているそうです。

そのユスリカの幼虫が韓国各地の水道水から発見されているというのは・・・。

というのも韓国の浄水処理は活性炭ろ過池処理だけみたいで、夏の水温上昇で幼虫が発生したようなのです。

さらにはマンションの貯水槽の管理ができていないと同じく幼虫が発生し、あらゆる雑菌も繁殖します。

韓国の水道水市民ネットワークは、ユスリカは人体で生存が可能な寄生虫類ではないと発表していますが、市民の不安はぬぐえないようです。

そういえば、韓国ドラマ「チャングムの誓い」で主人公のチャングムが「生の水は危ない」ということで、井戸の水を煮沸してから使う場面がありました。

その時代から韓国は全然進歩していないということのようです。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/22 07:59時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする