2020年07月09日

弱い犬ほどよく吠える。

日本の攻撃に日本が被害を受けている!輸出規制から1年で韓国は驚くべき変化を遂げた!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

昨年日本は半導体の材料となる輸出規制を断行し韓国経済を苦しめたが、一年が経ち材料供給元の多角化と材料・部品・装備の国産化に成功し、心配は徒労に終わったとのこと。

反対に日本の企業は韓国に輸出できなくなって営業利益が大幅に減少した!ザマァ見ろ!韓国は日本の勝った!と大騒ぎ。

さらに、日本の半導体素材企業である東京応化工業(TOK)が日本政府の輸出規制を避けフォトレジストを韓国で本格生産し始めたとか。

あっ、そうなの。

だったらWTO提訴する理由はなんなのか?

日本のビール販売88%減!自動車も半減!ボイコットジャパンは1年過ぎても現在進行形で喜ばしいことだ!と叫ぶ韓国。

輸出規制が1年が経ち、素材・部品・装備強化の契機に日本が韓国の努力に答える番だ!と叫ぶ韓国。

弱い犬ほどよく吠えるというが本当ですね。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/6 08:14時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする