2020年07月06日

日本と一緒に戦うなんて!

ボルトン回顧録によると、2019年4月にアメリカでの米韓会談でトランプ大統領がムン大統領に「朝鮮半島有事に日本と一緒に戦えるか?」と尋ねたところ「日本の兵力が韓国の地に足を踏み入れない限り北朝鮮に対して軍事協力を行うことができる」と話したという。

まぁ、要するに一緒には戦えないということです。

さらに、2019年ハノイでの米朝会談決裂から南北間の接触がないことを暴露された。

太陽政策が可視的な成果をもたらすと主張しているムン大統領にとって連絡事務所を爆破するなど北朝鮮の行動は韓国左派政権によくないと感じているようです。

で、この状況を何とかするためには生贄が必要だ!

そう、日本がいい!

ということで旧朝鮮労働者問題での韓国にある日本企業の資産売却、GSOMIA破棄、WTO提訴なんかに繋がっていくんじゃないでしょうか。

「韓国G7参加に反対の日本は恥知らずの水準は最上位圏だ!」とも叫んでますしね。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/5 08:16時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする