2020年06月21日

南北戦争再び!というときにキラー衛星ガー!

世界はいま宇宙戦争の時代なのに韓国はどのような対応策を持っているのか?と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

というのも、昨年3月にインドが高度300キロメートルの低軌道にある衛星をミサイルで破壊する実験に成功、ロシアも非公式ながら今年になってミサイルを使った衛星破壊実験を行い、中国は2007年、天下のアメリカは1959年に成功しているからだ。

人工衛星は軍事的に多様に使われアメリカの偵察衛星による北朝鮮上空からの映像はすごいものがありますね。

このような人工衛星からの情報は脅威となることもあり、世界各国で衛星破壊実験が行われている。

で、韓国は?というとキラー衛星どころではないというのが現状のようです。

韓国と北朝鮮との平和のシンボルである南北共同連絡事務所を爆破した北朝鮮が「ソウルを火の海にしてやる!」と言い出したからだ。

南北戦争再び!というときにキラー衛星ガー!と言っている場合ではないですから。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/6/18 07:41時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする