2020年05月25日

先進国でも、足元では青年が就職難で苦しんでいてはどうしようもないと思うのですが・・・。

韓国における求職者の70%が今年中に就職できそうにないと考えていると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国の就職関連ポータルサイトによると、求職者3582人を対象に下半期の就職について調査したところ、求職者の76.9%が今年中に就職できないかもしれないと不安を抱いているという。

不安の理由として、景気が悪く求人をする企業自体が少なくなる、競争倍率が高くなるということが挙げられるとか。

事実、韓国求人倍率は最近で0.38だそうで、10人の求職者に対し就職できるのは3人ということになる。

ゆえに、韓国政府は求人倍率はあまり表に出さず、失業率を低くする方に力を入れている。

失業率は政府の力で誤魔化せますからね。

余った7人は韓国の考試院行きということか。

そんな中、韓国がWHO執行理事国になった!と韓国メディアは大騒ぎ!

これで先進国だ!とね。

先進国でも、足元では青年が就職難で苦しんでいてはどうしようもないと思うのですが・・・。

まぁ、所詮は「ケンチャナヨ」なんですね。


今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/5/22 08:20時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする