2020年05月24日

正直者が馬鹿をみるような世界、韓国。

韓国で「ラーメン一つで3食」という動画が再生回数400万回を超えている!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

就職難や中国ウィルスの影響などに苦しむ20〜30代が、「考試院」というところに住み自身の悲惨な生活を動画にアップしているということでしょう。

調べてみると、もともと「考試院」というのは浪人や受験生が勉強するための施設だったのですが、今は不況でホームレスになった人たちが住むようになり、日本でいうところの脱法シェアハウスみたいなもののようです。

さらに衛生環境も劣悪で、いつ中国ウィルスに感染してもおかしくないようで・・・。

このように韓国では生活に苦しい人がいる反面、慰安婦問題を出汁にして私腹を肥やす慰安婦支援団体「正義連」の女ボスのユン・ミヒャンもいる。

なんか、正直者が馬鹿をみるような世界にいる感じだ。

他人を騙して金を儲けたほうがいい、努力する奴らはバカだとね。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/5/21 08:17時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする