2020年05月10日

自国の通貨危機より中国ウィルス対策で日本に勝ったことが重要となる韓国。

韓国ムン大統領が中国ウィルス担当の中央災害安全対策本部発足100日を迎え、「韓国の防疫が世界標準になった」と発言したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

そして、日本では感染者の4人に1人が自宅放置で医療崩壊を起こしている!ザマァ見ろ!と。

さらには、安倍総理の自粛要請の延長に都道府県知事たちが反乱を起こした!全ては安倍が悪い!アベガー!とね。

日本に勝った!勝った!と喜んでいる韓国ですが、その足元では経済・金融不安が始まっています。

というのも韓国で米韓通貨スワップ資金の中から40億ドルを供給。

これはもう6回目の供給で合計すると約200億ドル。

米韓通貨スワップ資金総合計が600億ドルだから、もう3分の1を使ってしまったことになる。

この背景には、韓国史上初めて「国家債務比率40%」を突破したことが考えられる。

韓国与党からは「60%を超えても関係ない」という声もあるようだが、基軸通貨のない韓国にとって国家債務比率40%は命取りだ。

通貨危機レベルにまで上昇している韓国の赤字財政。

自国の通貨危機より中国ウィルス対策で日本に勝ったことが重要となる韓国。

劣等意識のなせる業だ。



posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする