2020年04月01日

総選挙で勝つためなら手段を択ばないムン大統領。

野党の選挙運動を妨害する親北団体を韓国警察が支援している?と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

親北団体の大学生進歩連合が最大野党である未来統合党の候補者らの選挙運動を組織的に妨害しているという。

新北であるムン大統領を総選挙で勝たせるためです。

どんな妨害かというと、根拠のない誹謗中傷プラカードをもって候補者を取り囲み奇声を上げるとか道を塞ぐなどの行為で、さらに腹の立つのは韓国警察が、そのような行為を見て見ぬふりをしていること。

そういえば、以前もムン政権を批判したビラを配っていた女性が警察から暴行を受けたという事件がありました。

総選挙で勝つためなら手段を択ばないムン大統領。

韓国経済がボロボロでいつまで笑っていられるのか?





posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする