2020年01月22日

これからアメリカでも嫌韓が流行るでしょう。

韓国で、ハリス駐韓米国大使が日系米国人という理由だけで批判されていると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

というのも、北朝鮮メディアもハリス駐韓米国大使を日本強占期総督に例えて非難し、民族の自主権と尊厳のため、朝鮮半島の平和と繁栄のために、南朝鮮当局はアメリカの不当な要求に対抗して、隷属の頸木を果敢に投げ捨てるべき!と非難したからです。

これに韓国の左派勢力が便乗してハリス大使を非難しているというわけ。

ではなんでハリス大使が非難されているのかというと、ムン大統領の北朝鮮融和政策に否定的な発言をしているから。

人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて死んでしまえ!ということなのでしょう。

で、ここで問題となるのがハリス大使が日系アメリカ人だから非難されているということ。

これは、人種差別以外なにものでもない。

これからアメリカでも嫌韓が流行るでしょうねきっと。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする