2020年01月14日

バレなければ何をやってもかまわないという韓国の慣習。

韓国で過去に国際的な学術誌に掲載された論文に、ソウル市内のある女子中学生の名前が共同著者として掲載されていたことが判明したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

で、この論文ですが、韓国政府が出資する研究所の支援を受けて作成されたようですが、この女子中学生が本当に関わったのかどうかわからないとのこと。

たしか、玉ねぎ男で有名なチョ・グク元法務部長官の娘も医学論文の著者になっていました。

韓国では、論文の著者になると大学受験に有利なようで。

研究の倫理違反、大学入試への悪用・・・。

まさに、バレなければ何をやってもかまわないという韓国の慣習。

やだやだ。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする