2019年12月11日

臭い物に蓋をするだけでは、世の中は良くならない。

韓国経済が50年ぶりとなる最悪の状況に直面したと英国メディアが報じていました。

韓国の経済状況について英国が報じるのは珍しいですね。

たぶん、韓国が国家破綻でもしようものなら、その影響はリーマンショック級で英国にも飛び火すると考えたからでしょう。

輸出がGDP全体の45%で対中輸出依存度の高い韓国は、中国が風邪を引いただけで吹っ飛びますから。

韓国経済が濡れた落ち葉のように限りない沈滞のどん底に陥っているという。

その証拠に、外国人投資家の韓国離れが止まらない、止められない。

先日のソウル株式市場では、外国人による売り越しが日本円で約63億円に達したとか。

原因としては米朝関係や米中関係がよくないこと、信用格付けで韓国が低い評価を受けたことがあるようです。

しかし、ムン政権はそれでも経済は安定していると自身の政策の自画自賛を続ける。

経済が安定しているなら、なぜ外国人投資家は韓国から逃げて行くのか?

臭い物に蓋をするだけでは、世の中は良くならない。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国で大学入試に遅れそうになった生徒の話だが、遅刻する生徒が悪いと思うのだが・・・。

韓国で先日、大学入試に遅れそうになった生徒を乗せたパトカーが会場の高校に強引に突っ込んだとネットニュースで報じていました。

日本では到底考えられないことだが、韓国では美談とされているそうな。

そこには公の決まり事より個人の正義が優先するという韓国独特の考え方があるように思う。

慰安婦問題や旧朝鮮半島労働者問題でも同じことがいえる。

国際法よりも韓国一国家の正義の方が正しいとね。

世界の国々と韓国は全く価値観が違っているのだ。

そんな国とどう付き合えばいいのか?

日本としては原則通りにルールを守ろう!と言い続けることだおもう。

そもそも、韓国で大学入試に遅れそうになった生徒の話だが、遅刻する生徒が悪いと思うのだが・・・。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする