2019年11月26日

日本としては、韓国が素材部品を北朝鮮に横流しすることを防止することが目的なのですから。

日本が液体フッ化水素の韓国向け輸出を4カ月ぶりに承認したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国の半導体業界によると、日本がステラケミファが提出した高純度液体フッ化水素の韓国への輸出申請を許可したそうで、これは韓国サムスン電子、SKハイニックスが7月に発注した分だとか。

日本が韓国をホワイト国から除外してから韓国では液体フッ化水素の国産化に成功!日本に頼らなくても大丈夫!!とメディアが報じていたのですが、現実は反対だったのですね。

笑えます。

そんな中、韓国サムスン電子やSKハイニックスは、日本の素材企業が欧州や中国に設立した合弁会社から導入するという迂回ルートで液体フッ化水素などの日本製素材の確保を急いでいるそうです。

陰に隠れてコソコソやろうという魂胆なのでしょう。

日本政府も馬鹿ではありませんので、対策は考えているでしょう。

日本としては、韓国が素材部品を北朝鮮に横流しすることを防止することが目的なのですから。






posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする