2019年11月14日

すべての政府は嘘をつく。

韓国サムスン電子が、中国のスマートフォン事業で不振に陥っているため中国の組織を再び改編することになったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

なんと、シェアが0%台になってしまったからだ。

相次ぐ工場閉鎖と組織改編により、現地では人員削減の可能性が取り沙汰されているとか。

中国経済もだんだん縮小傾向にあるため、中国に依存する韓国には痛手ですね。

そんな中、韓国では経済の成長率が2.0%に満たない場合は野党である自由韓国党の責任だ!と与党の共に民主党が発言したそうです。

追加補正予算引き上げに反対したからだそうです。

なんか、耳クソと鼻クソの言い争いです。

お互い責任の押し付け合いで根本的な対決策を出していません。

あげくの果てに韓国が経済危機なのは「天候のせいだ!」「人口構造のせいだ!」「前政権のせいだ!」「日本が悪いからだ!」と自分たち政権運営が悪いのに他のせいにする始末。

絶対に自分たちの非を認めない韓国人。

フリージャーナリストのI.F.ストーン曰く

「すべての政府は嘘をつく」
posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする