2019年10月16日

ムン政権の最終兵器は「反日」。

韓国のチョ・グク法務部長官が先日辞任を電撃発表したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

何で今頃?

たぶん、スキャンダルまみれのチョ・グクを法務部長菅に任命したことで、与党の支持率が危険水域にまで低下したからでしょう。

このままでは、来年の総選挙に勝てない!!

そういう危機感からの辞任だと思います。

しかし、辞任したところで支持率が急に上がるわけでもなく・・・。

そこで最終兵器となるのが「反日」です。

いわゆる徴用工問題でWTO提訴した韓国政府は、さらなる行動として資産売却や「ボイコット・ジャパン」を加速させることでしょう。

支持率が上がることを信じてね。





posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする