2019年09月20日

韓国の反日エネルギーにはホントに感心します。

韓国には秋夕という連休があり、流通小売関係の人たちは売上増を期待していたそうなのですが、全然ダメだったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

まぁ、それだけ韓国の消費が落ち込んでいるということなのでしょう。

それを裏付けるように、韓国サムスンの業績不振で韓国地方都市の税収が減少し市民サービスに影響が出ているとか。

さらに、韓国イースター航空が日韓関係の悪化で客が減少し従業員に無給休暇を実施せざるを得なくなったそうです。

そして、極めつけは韓国が進めている宇宙開発事業で月軌道船の日程を19カ月延長することになったことです。

衛星の重量増加を理由としていますが、たぶん資金繰りが厳しいのではと想像します。

そんな韓国経済がピンチな時でも反日活動は止まりません。

いわゆる徴用工問題での日本企業の資産処分でも判事の裁量次第だから日本は韓国に従え!とか、日本が韓国に対しホワイト国から除外したことに対して韓国も日本をホワイト国から除外したり、WTOに提訴したり、福島原発の処理水は国際問題だ!とIAEAで非難したり、2020東京オリンピックで旭日旗を掲げるな!とか・・・。

やれやれ、その反日のエネルギーにはホントに感心します。

そのエネルギーを経済の方に向けたら日本なんか簡単に超えられるのにと思うのですが・・・。

よく分からない国です。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする