2019年09月06日

韓国で病気になりたくないです。

韓国京畿道の病院にある手術室での監視カメラ設置問題が再び注目を集めていると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

どういうこと?

「医療への不信を解消する」との理由みたいなのですが、日本では聞いたことがありませんね。

まぁ日本でも、研究や教育の目的で手術の部位を撮影することはありますが、一般の人が見ることはできません。

韓国での監視カメラというのは、手術の部位を撮影するのではなく医療関係者を監視するという目的なのでしょうか?

そうすると、日本とはケタ違いに医療ミスが多いということか・・・。

恐ろしや、恐ろしや。

韓国の医師会は手術中の集中力が低下する!と反対しているようですが。

韓国で病気になりたくないですね。






posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする