2019年08月18日

フェイクニュースが本当になる日は近い。

韓国ムン政権発足後に所得の二極化が進み、統計上で中産階級の割合が過去最低になったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

これまでにも所得分配指標の悪化などで、中産階級が減少していることを示すシグナルはあったそうですが・・・。

原因は、最低賃金などの影響で製造業の不振や自営業者の所得が減少したことがあげられるそうです。

そして、中産階級が減少すれば、金持ちと貧乏人の格差がさらに広がり社会的な不安となり、さらには国粋主義を扇動するポピュリストが増えてくるとね。

そうなれば、北朝鮮にとっては韓国を飲み込む絶好の機会となるはず。

そんな中、ムン大統領は韓国経済の状況について「韓国経済の基礎体力は強固であり、根本的な成長は健全だ」「政府の政策効果で雇用指標が改善し、雇用のセーフティーネットも強化されている」と発言したとか。

さらに「中産階級の割合が減ったとしても韓国は大丈夫だ!」「メディアのフェイクニュースに騙されるな!」とね。

韓国国内でもついに「日本との貿易戦争に勝ち目なし」という論争も出てきたことから、ムン大統領としても火消しに躍起になっているということでしょう。

フェイクが本当になる日は近い。






posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南北統一すればなんとかなる!という夢みたいな話は、いつまで続けるんでしょうか?

世界24カ国の青少年が対象の「他人をどれだけ信じるか」という調査によると、韓国の青年は24か国で最低だったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

さらに、「政府を信頼する」という回答も最低だったとか・・・。

常に他人を敵とすることで自分自身の存在理由を証明する韓国で、他人を信じるこころが育つはずがありません。

自分の意見に同調しない者は全て「敵」となる韓国の民族性。

それから、政府も信頼できないというのもうなずけます。

韓国の青年層は、ムン政権の経済政策の失敗で就職できずに所得が不安定な状態にあり、暮らしの質も悪化していますからね。

韓国では経済成長率が2026年以降に1%台に落ちるという研究結果も出ているという・・・。

南北統一すればなんとかなる!という夢みたいな話は、いつまで続けるんでしょうか?







posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする