2019年08月17日

日本はあくまで韓国との歴史問題で闘うべき!

韓国ムン大統領が光復節で節制した対日メッセージを出したので、今度は日本の安倍が応える番だ!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

ムン大統領は、「日本が対話と協力の道に出てくるなら、我々は喜んで手を握る」「先に成長した国が後に成長する国のはしごを蹴飛ばしてはいけない」とほざいていますが、と「全ては日本が悪く日本が誤ってくるなら対話に応じてもいいよ」と言っているように聞こえます。

また、いわゆる徴用工問題の問題でも1965年の日韓合意を事実上破棄し、日韓のはしごを先に外したのはどちらだ!と言いたい。

さらに、NHKや日本のメディアの報道にも腹が立つ。

韓国が軟化してきたのだから安倍総理も折れるべきだ!と言わんばかりの報道。

日本のメディアもここまで共産主義化したのかと悲しくなる。

いわゆる徴用工問題や慰安婦の問題など対話が実現しても韓国側が譲歩するとは考えられない。

日本はあくまで韓国との歴史問題で闘うべきだ!





posted by 声優社労士 at 02:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする