2019年08月03日

これまでの日本は「話せばわかり合える」と優しすぎました。

中国政府は、新しい国防白書である「新時代の中国国防」を発表し「南シナ海と沖縄県尖閣諸島は中国固有の領土だ」と明記したとネットニュースで報じていました。

さらに中国は、台湾について必ず統一する!とし、独立するというなら攻撃する!と息巻いているとか。

この背景には、南シナ海や台湾問題などでアメリカと一触即発の事態も想定されるため、中国は負けないよ!という国内向けのアピールでしょう。

これを受けてかは知りませんが、日本の有識者が「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」を開き、島根県の竹島や沖縄県の尖閣諸島における日本の領土・主権を中国や韓国に対し発信し、北方領土についても日本の立場を発信すべきだと日本政府に提言したとか。


たしかに、これまでの日本は「話せばわかり合える」と優しすぎました。

世界には、わかり合えたつもりでいても、裏切る連中のなんと多いことか・・・。

これからの日本は、言うべきことは言う!たとえ恨まれても恐れない!

そして、日本は絶対に裏切らないことを世界にアピールしてほしいです。




posted by 声優社労士 at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする