2019年06月27日

日本が韓国との首脳会談に応じないのは、会っても何も利益がないと判断したからです。

韓国ムン大統領は、いわゆる徴用工問題において韓国政府が提示する基金案に日本政府が拒否したことに対し、日韓関係発展のためには歴史問題を国内の政治に利用してはならない!と発言したそうです。

この日本と韓国の企業が出資する基金案に、半年前には「くだらない案だ」と言っていたムン大統領。

いつから最適な解決策になったのでしょうか?

まぁ、こういう発言をする背景にはG20で韓国が参加国の中で唯一会談しない国になったからでしょう。

ゆえに、プライドを傷つけられて逆ギレしたのです。

実は、「立ち話」という略式会談も検討中だとのことですが、ムン大統領の今回の発言で立ち話も無くなるんじゃないでしょうかね。

とにかく韓国ムン大統領の外交は事前に協議もせずに首脳会談するというやり方が多いようです。

アメリカ訪問もそうですし、北朝鮮との会談もそうです。

日本が今回、韓国との首脳会談に応じないのは、会っても何も利益がないと判断したからです。

それ以上でも、それ以下でもない。

また、韓国はアメリカと中国から米中貿易戦争でどちらに味方するのか?でも両国から回答を迫られています。

どうすんでしょうかね。





posted by 声優社労士 at 11:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする