2019年06月14日

韓国は、反日の成果を喜ぶ一方で報復を恐れている?

韓国のムン大統領は、世界貿易機関であるWTOで日本の原発事故を理由とした東日本8県の水産物の禁輸措置を勝ち取った担当者を褒めたたえたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国社会では原発事故を理由にした日本の水産物禁輸には賛成の声が多いそうですね。

一方、元徴用工らに対する賠償訴訟などをめぐり悪化している日韓関係について韓国政府が関係改善に動いていないと一部のメディアが批判的だという。

反日の成果を喜ぶ一方で報復を恐れているということなのでしょう。

日本政府による輸入水産物に対する検疫強化措置のことで、韓国側は韓国産水産物に対する偽装された差別だ!としています。

しかし、この検疫は以前から輸入水産物による食中毒が多発していることから強化するのであり、韓国水産物に問題がなければ輸入は続けられるのです。

問題がなければね。




posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする