2019年06月07日

韓国経済は、待ったなしの非常事態に突入したようです。

シンガポールでのアジア安全保障会議であるシャングリラ会合で、中国政府は韓国政府に対しアメリカが設置したTHAADをどうするのか?と聞いてきたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

要するに、韓国はアメリカの味方をするのか、それとも中国に味方するのか・・・ということを聞いてきたということでしょう。

これに対し韓国はうやむやに笑って誤魔化したという。

中国の韓国に対する圧力は経済にも波及しているようで、韓国の大手企業が生産ラインを中国市場から相次いで撤退しているとか。

中国政府の自国企業に対する莫大な補助金支給と外資系企業への差別規制などにより、競争力が低下してきているからです。

韓国の輸出もカ月連続で減少し、経常収支も赤字転落へ・・・。

さらに、韓国の実質国内総生産であるGDPは前期比0.4%減少・・・。

韓国政府の脱原発の影響で韓国電力が財政赤字、その負担は韓国の国民に・・・。

韓国経済は、待ったなしの非常事態に突入したようです。

日本に泣きついてきても知りませんよ。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする