2019年05月25日

アメリカに味方するか、中国に味方するか・・・それが問題だ!

本日、アメリカのトランプ大統領が日本に国賓として来日しますが、それに先立ち韓国ムン大統領が日本への来日の後に韓国へ来てほしいとおねだりしていたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

どうしておねだりしたのがバレたかというと、アメリカ大使館に勤める外交官を韓国野党議員が丸め込んで情報を得たからです。

今回の事件について韓国大統領府は「国家機密」だとしながらも「内容については事実無根」と発表。

ん?

韓国大統領府は間接的に情報漏えいを認めたことになるのでは?

なにかと日本に対しライバル意識を燃やす韓国。

トランプ大統領が日本だけ訪問することが許せい!!ってね。

このようにアメリカにいい顔をしたい韓国ですが、アメリカによる中国情報通信企業ファーウェイ制裁問題ではどうするのでしょう?

中国を裏切ると第2のTHAAD事態にもなりかねません。

中国を裏切るとどうなるか身をもって知っている韓国ムン大統領。

アメリカに味方するか、中国に味方するか・・・それが問題だ!と、ハムレットの気分でしょうね。

まぁ、結局コウモリ外交で両国にいい顔をしながら、したたかに生き延びる道を探る韓国。

しかし、日本にだけは敵対行為。

そこのところだけは変わらないようです。




posted by 声優社労士 at 15:00| 神奈川 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国が日本を永遠の二等国と批判しながら、日本のビジネスモデルをパクる精神がわからない。

韓国で日本のドン・キホーテがオープンしたのか・・・?とネットニュースで報じていました。

どういうことかというと、ソウルの繁華街で日本人記者が、日本でよく見かけるカラフルな店を見つけ、看板をよく見ると「ドン・キホーテ」ではなく「ピエロショッピング」と書かれていたそうです。

店内に入ると、日本のドン・キホーテそっくり。

日本の記者が店の代表に「ドンキホーテのパクリでは?」と質問すると「他社の成功例に学ぶベンチマーキングだ」と答えたという。

「ベンチマーキング」とは、他社を手本にして自社を改善してゆく長期的な取り組みのことで、決して「パクリ」でない。

ビジネスにおいて「創造」することが苦手な韓国。

日本を永遠の二等国と批判しながら、日本のビジネスモデルをパクる精神がわからない。




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする