2019年04月14日

アメリカは、北朝鮮は兵糧攻めに耐え兼ねてミサイルを撃つのを待っているのかもしれません。

北朝鮮船舶と「瀬取り」問題で、韓国の船舶が初めて摘発された!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

これまで、韓国は北朝鮮との瀬取りについて否定してきましたが、アメリカが指摘さことにより、嫌々認めたようです。

日本の自衛隊機へのレーダー照射問題で、日本の意見は無視してきたくせにね。

そんなアメリカですが、北朝鮮が完全に非核化しない限り制裁を緩和する気はないとみていいでしょう。

北朝鮮もまた核を手放すことはない。

ということは?

いずれは軍事衝突もありうるということです。

アメリカは、北朝鮮は兵糧攻めに耐え兼ねてミサイルを撃つのを待っているのかもしれません。

北朝鮮がミサイルを撃てば「正義は我にあり」と大義名分が成り立ちますからね。

では、その時、日本はどうする?





posted by 声優社労士 at 08:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする