2019年04月07日

日本の技術を韓国や中国に盗まれないようにしないとね。

韓国大手財閥企業のサムスンとハイニックスの業績悪化により半導体・ディスプレー部品を製造している下請けメーカーも打撃を受けていると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

世界経済の減速や中国企業の進出が原因のようですね。

このことを受け、韓国の証券会社は半導体部品メーカーの業績見通しを相次いで下方修正し、大企業の業績悪化はしばらく続くとみているそうです。

そういう韓国を置いといて、日本のベンチャー企業では世界を一変させる画期的半導体が開発されているようです。

現在、電力制御を行うパワー半導体の世界では、シリコンより半導体物質としてのパフォーマンスが高い炭化ケイ素や窒化ガリウムが主流になりつつあるようで、日本がその最先端を走っているとのこと。

さすが、日本の技術力ですね。

後は、その技術を韓国や中国に盗まれないようにしないと。

なにせ、泥棒国家ですから。



posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする