2019年01月12日

日韓請求権協定に基づく初の日韓政府間協議は行われるのでしょうか?

旧朝鮮半島出身労働者問題で日本の企業である日立造船にも賠償命令が出たとネットニュースで報じていました。

この裁判結果に先立ち韓国ムン大統領は、新年の記者会見で、「日本は過去の不幸だった歴史に謙虚な立場を持つべきだ」とし、さらに今回の旧朝鮮半島出身労働者問題で「日本は不満あっても韓国司法府を尊重すべき」と発言したそうです。

またムン大統領は「これは韓国政府が作り出した問題ではない。過去の不幸だった歴史のために生じた問題」とし「これを政治争点化して問題を拡散するのは賢明な態度ではない」と発言したとか・・・。

ムン大統領の記者会見を聞いていて開いた口がふさがりませんね。

自分たちの不幸は全て日本の責任とし、自分たちが日本の上でなければ気がすまないという民族感情。

もう、付き合ってはいられません。

菅官房長官も怒り心頭のようで、「韓国側の責任を日本側に転嫁しようというものであり、極めて遺憾だ」と厳しく非難しています。

さぁ、この問題で1965年の日韓請求権協定に基づく初の日韓政府間協議は行われるのでしょうか?

朝鮮半島統一後に日本に起こること 〜韓国人による朝鮮半島論〜 [ シンシアリー ]

価格:864円
(2019/1/12 08:58時点)
感想(0件)






posted by 声優社労士 at 09:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする