2019年01月07日

韓国が積極的になるのなら、日本もそれなりに積極的になるべきですね。

韓国海軍による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題で韓国国防省が日本の主張に反論する動画を公開したことについて韓国メディアは「日本に応戦」「挑発に反撃」などと報じたそうです。

韓国の反論動画を私も見ましたが、ほとんど日本が公開した映像にこれは陰謀だ!とか字幕を入れてBGMでごまかしている感じ。

さらに、自衛隊哨戒機が低空飛行したという映像も、韓国艦船から遠く離れたところにあり、これで低空飛行なのか?という有様です。

この問題を受けて韓国政府は日本による「事実歪曲?」に対し、「積極的な対応」を取る方針に転換したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

要するに日本に対する「反日」活動を活発化させるということなのでしょう。

さて、この状況を韓国の知識人が面白く例えていました。

「約束を守る国が日本、正義が重要な国が韓国だ」と。

国際法を守る日本と、国際法よりも自分たちの主張が正義だ!と言い張るのが韓国だということです。

韓国は最初から国際法など守るつもりはありません。

竹島を不当に占拠したときもそうでしたからね。

韓国が積極的になるのなら、日本もそれなりに積極的になるべきですね。

目には目を歯には歯を。








posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする