2017年11月21日

尖閣諸島でも日本が油断したら中国侵略軍に上陸を許すことにもなりかねません。

今年10月に米国で出版された一冊の書籍で、中国が2020年までに台湾侵攻の準備を終え、さらに、尖閣諸島は2040〜45年までに奪還する!という中国の習近平指導部が準備を進めている「計画」が暴かれたとネットニュースで報じていました。

本当か嘘かわかりませんが、これから台湾が独立傾向を強めるなら統一という名のもとに戦争を始める可能性は否定できないですね。

さらに尖閣諸島でも日本が油断したら中国侵略軍に上陸を許すことにもなりかねません。

先日の国会でクソ立憲民主の代表が現行憲法を守れ!と息巻いていましたが、中国侵略軍が日本に攻めて来たら自分の体をはって国民を守ってくれるのでしょうか?

時代は大きく変化しつつあります。

国民の意識も変わらないと国が滅んでしまいますよ。



posted by 声優社労士 at 08:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする