2016年11月01日

野菜に含まれるビタミンは、ごはんなどに含まれる炭水化物が体内でエネルギーに変わる手助けをしてくれます。

野菜に含まれるビタミンは、ごはんなどに含まれる炭水化物が体内でエネルギーに変わる手助けをしてくれるようで、摂取した栄養素が体内で利用されるためには、ビタミン類をきちんと摂ることが必要になります。

また、ミネラルは生体機能の維持・調整に不可欠で、特に野菜に多く含まれるカリウムは、余分なナトリウム(食塩)を体外に排泄するのを手助けしてくれ、高血圧の予防にもなります。

ただし、腎臓を患っている人はカリウムの排泄が十分にできないことがありますので注意が必要です。

さらに、野菜で特に色の濃い野菜(カボチャ・水菜など)にはカルシウムも多く含まれているそうです。



詳しくは厚生労働省のホームページで!











posted by 声優社労士 at 08:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

野菜は低脂肪、低エネルギーです。

野菜は低脂肪、低エネルギーでありながら「かさ」が多いことから、満腹感を与えてくれます。

でも、反対にかさが多いと食べにくいということがあるかもしれません。

例えばキャベツなど葉物を食べるときは、電子レンジにかけたり、ゆでたりなど熱を加えると、かさは小さくなって食べやすくなりますよ。

野菜炒めもいいですね。

食べたくなりました!





詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

食塩の過剰摂取が問題になっています。

私達の食生活の中での基本的な調味料は、しょうゆ・みそ・塩・砂糖・酢などです。それ以外にもさまざまな調味料が存在しています。

現在、食塩の過剰摂取が生活習慣病予防の課題のひとつです。

食塩摂取の約7割が調味料類からであり、塩分の含まれた調味料の使い方はもちろん、それ以外の調味料(酢・香辛料・だし(うま味)など)を上手に使うことが大切です。

詳しくは厚生労働省のホームページで!


私も、濃い味になりがちですね・・・。




posted by 声優社労士 at 08:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

調味料からの塩分摂取について

生活習慣病の一次予防を目的とした食塩摂取の1日の目標量は、成人男性10g未満、成人女性8g未満とされているそうです。

しかし、平成17年度国民健康・栄養調査の結果では、成人の1日当たりの食塩摂取量の平均値は11.5g(男性12.4g/女性10.7g)であり、成人男子の約60%以上、成人女子の約70%以上の人が食塩を目標量以上に摂取していました。

さらに、私たちの毎日の食事の中で食塩は調味料からの摂取が全体の約7割を占めています。

これは単に「塩」として単独に使用する量だけでなく、みそ・しょうゆなどあらゆる調味料に含まれている塩分を食塩に換算して評価しています。

毎日の食事で食塩の過剰摂取を防ぐためには、食塩だけに注目するのではなく、塩分が多く含まれている調味料を知り、まずはかけ過ぎ・つけ過ぎなどの使い過ぎに注意したいものです。


詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

加工食品について

私たちが毎日の食事で利用している食品は、動物・植物の天然の物のみならず、これらに加工・調理を施した物も多く利用されています。

食品の多くは長期間保存することができません。

そのため食品の品質保存・有効利用・安定供給を目的として、いろいろな手段や方法を用いて食品を加工・処理したものが加工食品です。

近年では栄養素量を改善したり、色・香り・味などの嗜好性を高めるだけではなく、簡便性、調理の短縮化を図ることなども目的とされているそうです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!









posted by 声優社労士 at 10:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

加工食品の規格とその表示について

私たちの食生活に占める加工食品の割合は増え、加工食品も多種多様化しています。

またその流通も国際的になっており、加工食品の安全性や栄養成分に関する情報提供は、健康を守るためにも不可欠なものになっています。

加工食品の規格とその表示は、食品衛生法やJAS法・健康増進法など法的なもの、行政指導により行われているもの、業界が自主的に実施しているものがあります。

詳しくは厚生労働省のホームページで!








posted by 声優社労士 at 08:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

加工食品の表示について

一般に販売されている加工食品のうち、容器(パック・缶なども含む)や袋などで包装された加工食品には、「名称」「原材料名(食品添加物の表示・アレルギー物質を含む食品の表示・遺伝子組み換え食品の表示なども含む)」「内容量」「期限表示」「保存方法」「製造者・販売者」等の食品表示が法律によって義務付けられています。

またすべての食品に表示するように義務付けられていませんが、栄養成分表示としてその加工食品に含まれるエネルギー量や栄養素量が表示されているものもあります。

この様に加工食品の表示やマークには、さまざまな情報が載っていますので、これらを活用し、適切に食品を選んだり扱うことが必要です。








posted by 声優社労士 at 10:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

馬鹿は死ななきゃ治らない

大手広告代理店が、従業員に違法な長時間労働をさせたとして厚生労働省から強制捜査を受けたと新聞で報道されました。

この会社は、以前にも同じような事件を起こし「反省する」と言っていましたが、またまた今回のような事件を起こし反省していないことがわかりました。

で、今回も社長が出てきて「共にがんばろう」と訓示を述べたそうですが、腹の中では「バレちゃって仕方ないな」「しばらくおとなしくしていよう」と考えているに違いない。

なぜなら、一度形成された組織文化・風土はそう簡単には変わることができないからだ。

馬鹿は死ななきゃ治らないとはよく言ったものだ。




posted by 声優社労士 at 08:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

美味しいものは食べたいけれど、エネルギーの摂り過ぎには気をつけたいものです。

鍋が美味しい季節になりました!

しかし、美味しいものは食べたいけれど、エネルギーの摂り過ぎには気をつけたいものです。

例えば、冬から春までが旬の魚といえば「ぶり」です。

「ぶり」は稚魚から成魚までの間、ワカシ・イナダ・ハマチ・ブリ等の呼び名を持つため「出世魚」とも呼ばれ、関西や北陸にかけては正月膳の縁起ものとされています。

また年間を通じても各地の郷土料理に使われ、私たちにとって馴染み深い魚でもあります。

栄養的にも、ヒスチジンというアミノ酸、体内で作ることができない必須脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)も多く、ビタミンB1・B2、ナイアシンも豊富です。

栄養豊富であるがゆえに、食べすぎに注意が必要なのですね。





詳しくは厚生労働省のホームページで!

posted by 声優社労士 at 08:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

食べるということ

年末が近づき忘年会シーズンがやってきました。

食べてばかりで大丈夫なのでしょうか?

さて、現代人が健康的な日常生活を維持するためには、7つの健康習慣(朝食・睡眠・喫煙・間食・飲酒・運動・体重のコントロール)が必要だとされています。

そもそも「食べる」という行為そのものは、「食べ物を認知する」→「食べたいと思う」→「食べ物を口に運ぶ」→「咀嚼する」→「飲み込む」といった連続の動作から成り立っています。

しかしながら「食べる」ことは、単に経口的に「食物を摂取する」あるいは「栄養を摂る」という意味だけには留まりません。

どうせ食べるなら、美味しいものがいいですからね!


詳しくは厚生労働省のホームページで!
posted by 声優社労士 at 09:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

食事は家族みんなと一緒に食べると美味しいものです。

「食べる」ことは精神的健康感にも大きく影響することをご存知でしたか?

食べ物が美味しい・楽しいといった充足感、あるいは食事を介しての家族や社会とのつながり等により、自分自身を大切にしたい、自分自身が大切にされている、という自尊感情を得ることができるのです。

また、このことは幼児期・学童期等では健全な発育の基本となり、高齢期では活動的な日常生活を支える生きがい感ともなり、活動的な高齢期(アクティブエイジング)を過ごすことが可能となります。

独りで食べるより家族みんなで食べたほうが美味しいですからね!

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 09:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

旬の野菜を食べよう!

めっきり寒くなりました!

冬(十一月〜一月)の旬の野菜は、かぶ・小松菜・大根・長ネギ・白菜・ほうれん草・百合根などがありますが、今はほとんど一年中食べられています。

でも、同じほうれん草を100g食べたとしてもその食べる時期によって、ビタミンC摂取量が変化することを知っていますか?

野菜や果物は出回り期が長く1年中手に入れることが出来ますが、やはり旬を考慮した季節感のある献立を心がけるようにしたいものです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 09:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

口腔の機能にはいろいろあるのですね!

歳をとるとともに衰えてくる歯・口の機能についてです。

口腔には、食べる機能や、会話をしてコミュニケーションを取る機能などがあります。

食べるためには、歯で食物を咬み、飲み込む(嚥下)という一連の動作が必要です。

さらに、会話をするときに口は発音に関わるとともに、表情を作り、きれいな歯や歯肉、整った歯並びは、美しさ(審美性)を保ちます。

また、口腔には、食べる機能(咀嚼)があり、食べることで、唾液と食物は混じり、味を感じることができます。

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

咀嚼について

歯で食物を咬み、飲み込む(嚥下)という一連の動作を咀嚼(そしゃく)というそうです。

食物や飲み物は、口唇・舌・頬の協調的な動きにより口に入り、細かくされ、飲み込むことで消化管に運ばれ、時にストローなども口にくわえ、吸い込むこともあります。

また、口腔内で食物が紛砕されることで食物は嚥下しやすく、消化も容易になります。

さらに、咬むことにより成長期には、顎の骨や顎の周囲の筋肉の発育を刺激するのですね!

詳しくは厚生労働省のホームページで!





posted by 声優社労士 at 09:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

強者には媚びへつらい、弱者に対して自分の強さを誇示する・・・。

福島原発事故で横浜に避難していた小学生がイジメにあっていたことについて手記を発表しました。

その内容は、大人の私が聴いても耳を塞ぎたくなるような内容です。

TVの報道では、教師や校長、教育委員会の責任を追及していますが、本当のところ、そういうことをしてしまう社会の風土が問題なのではないかと思います。

強者には媚びへつらい、弱者に対して自分の強さを誇示する・・・。

世の中、そんな連中ばかりになってきましたね。





やだやだ。

posted by 声優社労士 at 08:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

感覚としての味は、風味と呼ばれることが多く、また、その認識の過程を「味わう」と表現するのですね!

今日は、味覚についてです。

味覚は、動物の五感の一つで、ヒトの場合は、おもに舌上面の舌乳頭にある味蕾で受容された味覚情報が脳に伝えられるそうです。

基本的な味として、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが位置づけられています。

食物の美味しさを決定する要因には、味以外にも、臭い・歯触り・舌触り・温度・色・体調などがあります。

基本的な味が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張され、感覚としての味は、風味と呼ばれることが多く、また、その認識の過程を「味わう」と表現するのですね!

詳しくは厚生労働省のホームページで!






posted by 声優社労士 at 08:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

洗浄作用食物中の繊維物質を咬むことで、口腔内は機械的に清掃されます。

唾液の働きについてです。

1、咀嚼・嚥下の補助作用唾液中のムチンなどにより唾液には強い粘性があり、食物を湿らし、食物を塊にしやすくして咀嚼と嚥下をしやすくする効果があります。

2、溶媒作用唾液は、食物中の味物質が唾液中に溶けて味蕾の受容体(レセプター)と反応するのを助けます。

3、洗浄作用食物中の繊維物質を咬むことで、口腔内は機械的に清掃されます。

唾液は大切なのです!





詳しくは厚生労働省のホームページで!


posted by 声優社労士 at 08:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

8020運動とは?

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動で生涯にわたり自分の歯でものを噛むことを意味します。

近年「8020」を達成している高齢者は増加していますが、高齢者全体が増えていますので、「8020」を達成していない高齢者も増加傾向にあるのが心配ですね。

また義歯により、ある程度の咀嚼の回復は可能なため歯の治療は重要です。

詳しくは厚生労働省のホームページで!







posted by 声優社労士 at 08:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

歯を失う80%以上の原因は歯周病もしくはむし歯によるものだそうです。

歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう病気を歯周病といいます。

むし歯と異なり痛みが出ないことの方が多いのですが、気づかないうちに進行し歯肉からの出血などが起こった後、歯が自然に抜け落ちるほど重症になることも・・・。

歯を失う80%以上の原因は歯周病もしくはむし歯によるものだそうです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!








posted by 声優社労士 at 08:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

歯周病は歯そのものではなく、歯を支える歯ぐきや歯槽骨に炎症性の変化が起こる病気だそうです。

歯医者さんに聞いたのですが、歯は、歯ぐき(歯肉)の外の目に見える部分の歯冠と、歯ぐきの下の歯を支える骨(歯槽骨)に埋まった歯根に分かれるそうです。

また、むし歯は歯が細菌の作り出す酸によって溶かされて穴が空く病気ですが、歯周病は歯そのものではなく、歯を支える歯ぐきや歯槽骨に炎症性の変化が起こる病気だそうです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!








posted by 声優社労士 at 06:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする