2016年08月02日

あなたは資本主義にカモにされている。

巷では、ポケモンGOが人気ですね。

でも、そのために立ち入り禁止区域に侵入したり、道路交通法を守らないという危険な行為が問題となっています。

なぜ、そこまでしてやりたいのか?

他のみんながやっているから、仲間外れにされたくない!孤独になりたくない・・・。

そんな気持ちがあるのでないかと思います。

TVで、どこかの公園にポケモンが出るということで集まった何百人という若者について取材をしている映像をみました。

若者は、皆で議論することもなく見ているのはスマホの画面です。

資本主義において、好みが定型化され、なんでも消費したがる人間はいいカモなのですね。

でも、ピカチュウはかわいい!

私もカモにされているようです(笑)。
posted by 声優社労士 at 08:45| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

虐待としつけ

「虐待としつけ」の問題だが、どちらも親からの上から目線である。

子供を人として対等に扱わず、親である自分に服従させる奴隷のように扱う。

そうなると子供は親に対し敵対するか、怒られないよう機嫌を取るようになる。

そうして育った子供は他人を敵と思い決して仲良くなろうとはしない人間となる。

現代のイジメの原因はここにもある。

アドラー 人生を生き抜く心理学 (NHKブックス) -
アドラー 人生を生き抜く心理学 (NHKブックス) -







ラベル:マタハラ メタボ
posted by 声優社労士 at 08:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

牛乳・乳製品の摂取と骨粗鬆症の予防について

厚生労働省のホームページによると、成人における牛乳・乳製品の摂取の骨粗鬆症予防の効果について記載されています。

1、若年成人女性には、来るべき閉経後の骨量減少を小さくするために、できるだけ牛乳・乳製品を摂ることを奨励し、その摂取習慣を閉経後まで継続させる。

2、閉経期から閉経後の女性には、骨量減少をできるだけ小さくするために、少なくとも毎日コップ1杯の牛乳・乳製品をとることを奨励する。

3、高齢期の骨折を減らすため、牛乳・乳製品摂取習慣のないあるいは極端な低摂取の中高年男女には、毎日コップ1杯以上の牛乳・乳製品を摂取することを推奨する。

詳しくは厚生労働省のホームページで!


 さぁ、牛乳に相談だ!

ラベル:経口補水液 血圧
posted by 声優社労士 at 08:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

自立できない子供が増えている?

自立できない子供にしてしまう3つの行動だそうです。

1、子供に完璧を求める
おもちゃは決められた通りに片付けないとダメ、靴は左右正しく履けないとダメ、など完璧を求めていると子どものやる気を削いでしまいます。

2、ほとんど褒めない
子どもが何かをやろうとして失敗した時、結果だけを見ていませんか? 子どもは、小さな成功体験を積み重ねて自信をつけていきます。

3、子どもがやるのを待てない
自分でできると言っても、大人のように手際よくできるわけではありません。待てずにイライラして、ママが代わりにやってしまっては、今までの努力が水の泡になってしまいます。

心当たりありませんか?
posted by 声優社労士 at 08:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

果物を食べすぎると、糖質の過剰摂取により中性脂肪の増大や肥満をきたすおそれがあるそうです。

果物は水分・ビタミン・ミネラル・食物繊維を含み、野菜と異なる点はブドウ糖や果糖の糖質多く含むことだそうです。

さらに、果物を食べすぎると、糖質の過剰摂取により中性脂肪の増大や肥満をきたすおそれが・・・。

また、果物と野菜は、どちらもビタミン・ミネラル・食物繊維の給源となりますが、実際には「果物=野菜」ではありません。

すなわち「野菜の代わりに果物を摂る」というのは通用しないのです。

摂れるビタミンやミネラルや食物繊維の種類も違いますし、果物は野菜に比べて糖質や有機酸(クエン酸・酒石酸・リンゴ酸・コハク酸)が多くなるからだそうです。

何事にも、ほどほどがいいのですね!

詳しくは厚生労働省のホームページで!
posted by 声優社労士 at 08:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

他国と共存する意思は認められず、自ら紛争を望んでいるようにも見えます。

「歴史の中に世界は多くの国と多くの民族と考えを持ちました
多少の紛争が起こってしまったことは仕方ありません
自由は全てに人々に与えられた権利ですが、
すべての自由が認められないことも知らなければなりません
共存に必要なのは他人を思いやる気持ちです
決して戦うことではありません
過去から学び、正しい未来を作ることが私たちの仕事です」

アニメ「新機動戦記ガンダムW」リリーナの言葉です。

さて、中国が南シナ海、東シナ海に続いて日本の尖閣諸島に魔の手を伸ばそうとしています。

そこには、他国と共存する意思は認められず、自ら紛争を望んでいるようにも見えます。

共産主義に、他人を思いやる気持ちはないのでしょうか?

posted by 声優社労士 at 08:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

生活習慣病と毎日の食生活とは大いに関係があります。

食生活のあり方を簡単に示した栄養3・3運動というのがあるのをご存知でしたか?

『栄養3・3運動』というのは健やかな毎日のための基本的な食生活のあり方を簡単に示したもので、「3・3」は3食・3色を意味し、毎日「朝・昼・夕の3食」「3色食品群のそろった食事」をとることだそうです。

「毎日を心身共に健やかに過ごしたい」とは、だれもが思うことですが、現実には、糖尿病や高血圧・脂質異常症等の生活習慣病の人も多くいます。

最近では、これらに関連してメタボリックシンドロームも盛んに言われ、お腹の中の脂肪の貯まりすぎへの注意が叫ばれています。

そして、こうした生活習慣病と毎日の食生活とは大いに関係があります。

ですから生活習慣病を予防したり、重症化を押さえたり、改善するために、食生活に注意を払うことは、健やかな毎日のためにとても大切なことなのです。


詳しくは厚生労働省のホームページで!

posted by 声優社労士 at 08:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

栄養3.3運動を始めよう!

健康に過ごすには、正しい食生活が大切です。

そこで、国は栄養3.3運動を推奨しています。

まず、『栄養3・3運動』の「3・3」は「3食・3色」を意味しています。「3食」は、朝食・昼食・夕食の1日3回の食事をしっかり食べること。「3色」は、毎食「3色食品群」の食品をそろえて食べることを勧めています。

詳しくは厚生労働省のホームページで!


ラベル:メタボ
posted by 声優社労士 at 08:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

トーストとコーヒーだけの朝食では、物足りない!

前回の続きで、栄養3・3運動ですが、「3色食品群」とは、食べ物を含まれる栄養素の働きの特徴で「赤色の食品」「黄色の食品」「緑色の食品」の3つに分類しています。

「赤色の食品」は、肉・魚・卵・大豆・牛乳などで「血や肉をつくる食品」、「黄色の食品」はご飯・パン・芋・砂糖・油などで「働く力になる食品」、「緑色の食品」は野菜や海草・果物などで「体の調子を整える食品」です。

このように分類の仕方が簡単で分かりやすいことから学校給食の献立表などにも使われているそうですよ。

例えば、トーストとコーヒーの朝食では「黄色の食品」だけですから「赤色の食品」と「緑色の食品」からも何かを食べましょうと言うことです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!

posted by 声優社労士 at 08:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

お菓子は私たちに喜びや楽しみを与えてくれます。

肥満などの理由で「お菓子は食べないようにしましょう」「控えめに」などと言われたらみなさんはどうしますか?

大切なのはどのようなお菓子にはどのくらいのエネルギーが含まれているのかを知り、食べる量を調整することなのです。

私たちは、生活をしていくために必要なエネルギーを食べ物・食事からとっています。

朝食・昼食・夕食と3度の食事の間に食べるお菓子は、私たちに喜びや楽しみを与えてくれます。

また、誰かと一緒に食べることで、コミュニケーションの場となることもあると思います。

しかし、その食べ方や量によっては、過度の体重増加など健康に悪影響を及ぼしてしまうことがあることを知っておいてください。

詳しくは厚生労働省のホームページで!








ラベル:メタボ
posted by 声優社労士 at 14:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

コンビニ弁当ばかりだと、エネルギーや塩分を過剰に摂取してしまうことがあります。

お弁当やおにぎり・惣菜などは脂質や塩分が多く、食欲や好みにまかせて食べていると、エネルギーや塩分を過剰に摂取してしまうことにもつながります。

私も外での仕事の時は必ずコンビニ弁当なので気をつけないといけませんね。

さて、これらの商品には栄養成分表示がされており、「※※品目の食品や野菜が取れる!」「1日分の1/2の野菜が取れる!」などといった”健康”に配慮したお弁当や惣菜なども見られます。

商品の表示を確認し、脂質が多い唐揚げ・フライ・天ぷらなどの入った弁当が毎日続かないようにしたり、塩鮭・つくだ煮・漬物など塩分の多い弁当などでは、添え付けの醤油やソースなどを使用しないなどの工夫をするとよいと思います。

サラダなどでは、ドレッシングが別売りとなっている場合も多いので、自前でノンオイル又は油の少ないドレッシングを用意するとなおいいですね。

詳しくは厚生労働省のホームページで!
posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

食事としては、主菜や副菜も兼ねる「サンドイッチ」がいいそうです。

お昼に、おにぎりは飽きたので菓子パンを食べることもあると思います。

さて、デニッシュやあんパンなどの菓子パン類は、砂糖や油脂を多く含んでいるものも多く、気がつかないうちにエネルギーが過剰になることもあるのだとか・・・。

一度にたくさん食べないようにしたいものです。

また、間食としての時々の利用ならよいのですが、「菓子パン」と甘い飲み物・デザートというような組み合わせを食事代わりとして習慣的に食べることは避けたほうがよく、食事としては、無糖の飲料やサラダなどと組み合わせたり、主菜や副菜も兼ねる「サンドイッチ」を選んだほうがいいそうです。

詳しくは厚生労働省のホームページで!
posted by 声優社労士 at 08:49| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

コンビニで、24時間いつでも食べ物や飲み物を購入できるというのは便利な反面・・・。

コンビニで販売されている、ビールや酎ハイなどのアルコール飲料ですが、ついつい買いすぎてしまいます。

そして、ストレス解消のために飲みすぎてしまいます。

そんな時は、ビールなら1日350mlを1本だけなどと飲む量を決めて、その日に飲む分だけを購入するなど、過剰に摂取しないようにするといいと思います。


コンビニで、24時間いつでも食べ物や飲み物を購入できるというのは便利な反面、利用の仕方よっては食事の時間帯が一定せず、また深夜に高カロリーの食事を取るなど、健康のためには好ましくない食生活にもなりがちです。

ご注意下さい!

詳しくは厚生労働省のホームページで!
posted by 声優社労士 at 08:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする