2020年07月06日

日本と一緒に戦うなんて!

ボルトン回顧録によると、2019年4月にアメリカでの米韓会談でトランプ大統領がムン大統領に「朝鮮半島有事に日本と一緒に戦えるか?」と尋ねたところ「日本の兵力が韓国の地に足を踏み入れない限り北朝鮮に対して軍事協力を行うことができる」と話したという。

まぁ、要するに一緒には戦えないということです。

さらに、2019年ハノイでの米朝会談決裂から南北間の接触がないことを暴露された。

太陽政策が可視的な成果をもたらすと主張しているムン大統領にとって連絡事務所を爆破するなど北朝鮮の行動は韓国左派政権によくないと感じているようです。

で、この状況を何とかするためには生贄が必要だ!

そう、日本がいい!

ということで旧朝鮮労働者問題での韓国にある日本企業の資産売却、GSOMIA破棄、WTO提訴なんかに繋がっていくんじゃないでしょうか。

「韓国G7参加に反対の日本は恥知らずの水準は最上位圏だ!」とも叫んでますしね。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/5 08:16時点)
感想(0件)



posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

極め付きは日本企業の資産売却。

北朝鮮がケソン南北共同連絡事務所を爆破した翌日にアメリカがB-52H戦略爆撃機を日本海に飛ばしたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

多分これは、アメリカが北朝鮮に対しこれ以上変なことするなよ!という警告があるものとみられるようです。

この警告が効いたのでしょうか?北朝鮮は韓国ムン大統領の顔に吸殻を押し付けたビラを韓国にばらまく作戦に出たようです。

でもなんか、よく分からない作戦です。

でもって、北朝鮮との仲が悪くなった腹いせに韓国は日本をターゲットにしました。

というのも、ボルトン回顧録にシンガポール米朝会談での北朝鮮1年以内の非核化を信じてはいけないと安倍総理がトランプ大統領にアドバイスしていたことが書いてあったからです。

韓国としては人の恋路を邪魔する奴!ということなのでしょうね。

案の定、秋に開催されるG7で日本が韓国招待に反対しているとか、韓国の役人がWTO事務局長に立候補したことに対し言いがかりをつけているとか、日本に対する批判が続いています。

そして極め付きは日本企業の資産売却でしょうか?

Xデーは来月です。

今、韓国で起こっていること【電子書籍】[ シンシアリー ]

価格:1,100円
(2020/7/3 07:44時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

韓国政府は「ケンチャナヨ」と楽観的。

韓国ムン大統領が、先日ソウル空港で開催された「6・25戦争70周年行事」の記念の辞で「わが民族が戦争の痛みを経験している間、逆に戦争特需を享受した国々もあった」として国々と言っても事実上日本を狙ったとも取れる発言をしたと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

要するに、日本は朝鮮戦争で金儲けをした!非道国だ!と言いたかったのでしょう。

さらに糞ムン大統領は「しかしわれわれにとって戦後経済の再建は植民支配から脱却することと同じくらい険しい道だった」と述べたそうな。

このニュースを読んだ時、もう日本は韓国と未来永劫付き合えないなと感じました。

朝鮮戦争当時の日本はアメリカの占領下で前線基地にならざるを得なかったし、韓国の戦後経済を豊かにするために日本がどれだけ援助してきたか・・・。

1965年の日韓合意で多額の資金提供し「漢江の奇跡」を起こしたのに礼の一つもない。

ないどころか、朝鮮戦争で儲けたんだからもっと金を出せ!と言ってくる始末。

金を出せ!といえば、強制徴用被告企業の国内資産の売却手続きが入っていますね。

早ければ今年の8月に現金化されるそうです。

もし、現金化されれば日本政府も黙ってはいないでしょう。

韓国政府は「ケンチャナヨ」と楽観的ですが・・・。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/7/2 07:59時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

恥知らずの水準は最上位圏だ!

韓国政府は、G7参加に反対の日本に対し、恥知らずの水準は最上位圏だ!と批判したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

さらに韓国政府は、国際社会である先進諸国は日本がバカなことを十分に認識しているため特に影響はないと考えていると発言。

韓国のこの日本に対する批判ですが、日本の一部の左派メディアの報道に喰いついたもの。

日本政府はそんなこと言ってないし、そもそも韓国をゲストとしてG7に呼ぶのはアメリカの裁量です。

日本がどうこう言える問題ではない。

それにしても「恥知らずの水準は最上位圏だ!」という発言は北朝鮮の暴言にそっくりです。

韓国は今、北朝鮮から罵詈雑言を浴びせられていてうっぷんが溜まっているんでしょう。

さらに、ボルトン回顧録で核心突かれムン政権は火消しに大変ですから。

で、今回しめた!とばかりに日本を非難。

北朝鮮からのうっぷんも晴らせるし、国民の目を反日にそらさせることができますから。

反日は韓国にとって都合のいい道具なのです。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/7/1 09:53時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

反日で共産主義化する韓国に明日はない。

韓国ムン政権は「戦時経済」と言いながら企業を締めつけていると朝鮮系のネットニュースで報じていました。

中国ウィルスが呼び起こした経済危機の底は見えず、韓国の経済成長率は0.1、輸出も最低で雇用も最悪記録を更新中。

このような状態では企業の活力を回復させるのが筋というものだが、ムン政権は企業を規制する方向に動いている。

ムン政権が「公正経済3法」として掲げた改正法案は公正取引法と商法改正案、金融グループ監督法制定案で「公正」を謳ってはいるが中身は企業の経営権を制約することが目的。

要するに、財閥を解体して企業を国営化しようというもので、共産主義国家への第一歩です。

そんな中、韓国のヒュンダイ自動車グループが韓国国内で部品調達が苦しくなっているという。

傘下の部品メーカーが経営難で倒産したからだ。

まぁ、サプライチェーンの問題もあるんだろうけど、輸出が最低なのが響いているんでしょうね。

こういうのは基盤が弱いところから倒れてゆきますから。

さらに、日韓関係の悪化で日本進出の韓国企業の95.7%が苦境だとか。

それでも、反日で共産主義化する韓国なのでした。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか〜韓国人による日韓比較論〜【電子限定特典付き】【電子書籍】[ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/6/28 08:12時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

韓国の宇宙開発はどうなっているんでしょうか?

韓国航空宇宙研究院が、300億ウォン投じた「羅老号」の重要部品を700万ウォンでくず鉄業者に払い下げた?と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国航空宇宙研究院というのは韓国の宇宙開発を担当する国策研究機関で、日本でいうところの宇宙開発事業団みたいなものでしょうか。

その韓国航空宇宙研究院がロケットの重要部品をくず鉄として払い下げていたというのですから笑えますね。

韓国航空宇宙研究院の言い訳によると、くず鉄として払い下げたのは部品を入れる保管ボックスというもので錆が酷く使い物にならなったというが、実はそのボックスの中に重要部品が入っていたということです。

韓国航空宇宙研究院は払い下げたくず鉄を早急に買い戻し事なきを得たということです。

やれやれ。

中身を確認もせずに払い下げるところが韓国らしいです。

ところで、韓国の宇宙開発はどうなっているんでしょうか?

韓国の天気予報は、日本の気象衛星「ひまわり」からの情報だということですが・・・。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/6/28 07:42時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

機会は平等で過程は公正、結果は正義!

韓国の仁川空港の非正規職員の正規職化をめぐる論議に韓国の20代は怒っている!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

どういうこと?

要するに、仁川空港の労働組合が非正規職員を正規職員にしろ!とデモを起こし韓国政府がしぶしぶ正規職員にすることを認めたのですが、初めから正規職員として雇用された人やこれから正規職員として就職活動をしている20代から不公平だ!と怒りが爆発したということのようです。

韓国のネット上では、「この国は努力を裏切る国」とか、「これから勉強して正規職になる人だけが利用されやすい社会」という反応があるとか。

まぁ、日本でも少子高齢化による人手不足から非正規職員を正規職員にする動きはありますが、誰でも正規職員になれるというわけではなく、能力的に適正かどうかを判断した上で決定します。

韓国では左派系の労働組合が力をもっていますから、韓国政府としては支持基盤からの要請には従わざるを得ないのでしょうね。

ムン大統領が過去に演説で「機会は平等で過程は公正、結果は正義」と話していましたが、結果は努力を無視することになったようです。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/6/27 07:57時点)
感想(0件)




posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

韓国経済崩壊も時間の問題。

韓国が今年の世界競争力ランキングで昨年の28位から23位に上がった!日本は34位で日本に勝ったぞ!と朝鮮系のネットニュースで報じていました。

韓国がランクを上げたのは中国ウィルス対策のK防疫が評価されたものらしいです。

そのK防疫も韓国都市部の感染拡大であえなく死語になっていますが・・・。

さらにランキングが上がったのもつかの間、液晶表示装置であるLCD市場で中国に追い越された韓国が、今度は有機発光ダイオードのOLED市場でも4年後には追い抜かれるということです。

とある市場調査会社によると、2019年の国別モバイルOLED市場シェアは韓国が76%で中国が22%だったが、2024年には中国が50%で韓国が49%になるという見通しだそうで・・・。

ディスプレーの主導権は事実上中国になるということなのでしょうか。

いやいや、部品調達でアメリカは韓国に対し中国に売るな!と脅しをかけています。

部品がなければOLEDは作れませんから、そう単純にゆかないと思います。

そんな中、日本ディスプレイメーカーのJOLEDが韓国サムスンを相手取りアメリカとドイツで特許侵害訴訟を起こしたとか。

有機発光ダイオードであるOLEDの有機物の材料に関する技術を盗んだ疑いだそうです。

韓国サムスンも生き残るためには手段を択ばなくなったということでしょう。

韓国経済崩壊も時間の問題ですね。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) [ シンシアリー ]

価格:968円
(2020/6/25 07:55時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

ムン大統領は頭がおかしい。

アメリカのトランプ大統領の補佐官だったボルトン氏が回顧録を出版し、その中で韓国のムン大統領は頭がおかしいと書いていたことが分かったと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

でもって早速韓国政府は、ボルトン氏の主張は事実と違う!錯覚と傲慢から脱却せよ!と反論しているとか。

まぁ、ボルトン氏でなくてもムン大統領のこれまでのやり方を見てきたら、普通の人ならまともじゃないと思うことです。

例えば、2018年6月のアメリカと北朝鮮によるシンガポール宣言から2年経ちますが北朝鮮の非核化は進んでおらず、韓国ムン大統領は北朝鮮に対し非核化への説得すらせず、世界各国を回り北朝鮮への制裁緩和のお願いばかり訴えてきた。

それでも成果を上げられず、先日に北朝鮮からはケソン南北共同連絡事務所を爆破され「役立たず」と罵られる始末。

普通、罵られたら怒るのが当たり前なのですが、ムン大統領は怒るどころか忍耐の一字で、そのうっぷんを日本に向けてきている。

慰安婦問題や旧朝鮮労働者問題、軍艦島の件に関し日本を挑発し国民の目を「反日」にそらさせようとね。

これで、ムン大統領の頭がおかしくないと誰が言えようか。

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/6/23 08:05時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 09:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

日本やアメリカと考え方の違う韓国。

韓国駐米大使イ・スヒョクが、「韓国はアメリカと中国の間で選択できる国」と述べ、これに対しアメリカ国務省は「韓国は数十年前すでにどちらにつくか選択している」と論評したと朝鮮系のネットニュースで報じていました。

アメリカ国務省が「韓国は数十年前すでにどちらにつくか選択している」という根拠は、1953年の米韓相互防衛条約の締結のことを際しているようです。

韓国が選択を強要される国ではなく選択できる国家だ!ということは、1953年の米韓相互防衛条約なんか知らねーよ!ということなのでしょう。

これは、韓国の日本に対する慰安婦問題やいわゆる徴用工問題での根幹となる1965年の日韓合意なんか知らねーよ!と言ってくる理屈と同じような感じがします。

あの頃は経済的にも弱かったけど今は違うよ!偉くなったんだよ!ってね。

要するに約束に対する考え方や相手と対等に接するという考え方が日本やアメリカと違うのでしょうね。

でも韓国は今回、北朝鮮から同じ理屈で平和のシンボルを爆破されました。

どんな気持ちなんでしょうか?

今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る [ シンシアリー ]

価格:1,650円
(2020/6/20 07:58時点)
感想(0件)


posted by 声優社労士 at 10:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする